最近の住宅ローン事情ってどうなの?

住宅ローンの金利動向や基礎情報をお見せします。

住宅ローンで行ってはいけない事

住宅ローンで虚偽の申告をすると、皆さんどうなるか知っていますか?

年収の虚偽申告をした方がいるとしましょう。

年収300万円の方が、住宅ローンの審査に通らないと思い年収500万円ですと嘘をついて申告したとします。

500万円の申告のまま住宅ローンの審査も通過し、家も建ち始めました。

さあもうすぐ完成だというときに、住宅ローンを組んだ金融機関から預金通帳を掲示してくださいと言われ、年収が500万円もないことが判明します。

家はもう完成間近なので、その家をこれ以上作らかったり壊したりすることはさすがにないと思います。

だからと言って、家ができるならとりあえずは大丈夫、審査も通ったのだから、もういいじゃないかといった開きなおりはできません。

虚偽申告というのは立派な犯罪なのです。

家はできたのに、住宅ローンを断られるかもしれません。

所得を過大に申告した際は、その分所得税などの税金も多くなり支払わなければなりません。

また、さきほども言いましたが、立派な犯罪です。

個人ということもあって、あまり犯罪意識はないかもしれませんが、企業の単位で言えば、粉飾決算をしたのと同じです。

つまり詐欺犯罪なのです。

住宅ローンを組んだ金融機関からは、一括請求をしてくださいといわれるかもしれません。

住宅ローンを組む時に、金融機関や不動産会社から、虚偽申告をすれば審査も通って家を買うことができますよと悪魔のっささやきがあるかもしれません。

しかし、犯罪だということを意識してささやきに負けないようにしてください。
低金利で繰上げ返済手数料や保証料無料などサービスが充実、借り換えでも人気の新生銀行パワースマート住宅ローンについてご案内する新生銀行住宅ローンナビです。住宅ローンについて悩んでいる方はぜひご覧ください。

コメントは受け付けていません。

»

↑Pagetop

Copyright(c)最近の住宅ローン事情ってどうなの?. All rights reserved.