住宅ローンの金利動向や基礎情報をお見せします。

2011年12月の投稿一覧

フラット35の審査って?

住宅ローンを利用するときには、所定の審査を受けなければなりません。

フラット35を利用するときも同様に審査を受ける必要があります。

フラット35の審査は「仮審査」と「本審査」の2段階に分かれています。

審査の方法や内容については金融機関によって多少の違いがありますが、おおむね以下のような流れになります。

まず「仮審査」がおこなわれます。

この「仮審査」では、「申し込み人の評価」「物件の担保価値」「返済能力について評価」などの基準を満たしているかを審査します。

フラット35では、ほかの金融機関の住宅ローンに比べると、「物件」に対する審査に重点がおかれています。

本人が申告した内容をもとに審査がおこなわれます。

そして、「仮審査」に通った人が「本審査」を受けることになります。

「本審査」とはいっても、「仮審査」をクリアした人はほとんどが通るようです。

ですから、「本審査」が通らなかった場合にはいくつかの理由が考えられます。

一つ目として、「仮審査」の書類に虚偽の内容が含まれていたら「本審査」は通りません。

ウソをつく人は信用できないので、審査をするうえで評価が下がるからです。

また、転職や失業などが原因で借りる側に大きな変化が生じた場合も、返済能力の問題から「本審査」が通らないことがあります。

このほかにも、「ほかに多額のローンがある」「クレジットでトラブルがあった」などの場合には審査をクリアできないことがあります。

こうした審査の条件を満たしているかどうかは、相談をすすめる中で、あらかじめ確かめておくのがよいでしょう。

参考にしたサイト

フラット35S審査落ちる?金利優遇で安い!【技術基準厳しい?】
フラット35Sの審査に落ちないためのコツをご紹介!大幅な金利優遇が受けられることで固定なのに非常に金利が安いフラット35Sの借り入れ条件や審査について知りたい方必見です。
www.flat35s-sinsa.com/

↑Pagetop

Copyright(c)最近の住宅ローン事情ってどうなの?. All rights reserved.