ETCカードは入れっぱなしでも大丈夫?一般レーンに入ってしまったら?

ETCカードを車載器に挿しっぱなしにしていたら盗難された、紛失してしまった場合、焦ってしまうと思いますが焦ったまま行動をするのではなく落ち着いてから連絡をしましょう。

盗難ではなく、仮に紛失だったとしても絶対に警察への届け出はしてください。

警察に届け出したあとの対応はカードの発行元によって変わり高速道路事業会社が発行しているETCパーソナルカードの場合は事務局へ電話をかけてください。

対応時間は平日の日中のみとなっているので土日に発覚した場合は月曜日に連絡にしてください。

クレカ会社発行の場合は発行元のクレカ会社への連絡になります。

カード会社によって若干対応先の部署など違いはあると思いますが多くの場合は24時間受付可能のフリーダイヤルが用意されています。

大学生になったのを機に車の免許を取ったという方もいると思います。

長期休暇の時に高速道路を使って遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方の種類を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

各クレジット会社から発行しているクレカタイプとNEXCOなどが共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

クレヒスに問題があるなど特別な理由がなければクレカタイプをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプでは新規申込時に同時申請できることやすでにクレカを持っている場合は各カードのサイト上で追加申し込みで手続き完了なのに対しETCパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

皆さんは普段、高速を利用する時にETCカードは利用されていますか?もし現時点で使ったことがないならとてももったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けることができるからです。

例えば、NEXCOが管理している高速道路の地方部利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といった割引も行っているようです。

また、割引が適用されない区間でもほとんどの人が経験したことがあると思う料金所の一般レーンの渋滞を気にすることなくスムーズに通過できます。

ここまで読んでETCを使ってなくて損してたなぁ、カード作らなきゃと思った方は所持しているクレカ会社に追加で発行してもらうかサブのクレカと一緒に発行してもらいましょう。

最近ETCカードの作成について調べていたところあまり知られていないと思われる豆知識が出てきました。

それは、車載器がなくてもETCカードで高速道路の利用は可能ということです。

カードは作ったけど車載器がないといった場合にETC専用レーンではなく一般レーンを使い係員にカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

料金所係員に手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞を起きにくくするという目的が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことや夜間割引などのETC割引が適用されないなどのデメリットがあります。

急に車載器が壊れてしまった・エラーが起きてしまった時のために覚えておきましょう。

車に乗る方の多くは便利なETCカードを作っていると思います。

持っていない場合はカードを発行するためにクレジットカードの申込みが必要です。

すでにクレカを持っている方は追加でカード発行してもらうことも可能ですが2枚目、3枚目のクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

クレカを所持していない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにどういった面を見てカード会社を選べばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない方ならライフカードなどの年会費無料を選ぶといいでしょう。

楽天でよくネットショッピングをされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率が良かったりENEOSでの特典がつく楽天カードという選択肢もあります。

みなさんの生活環境やポイント還元率から自分に合ったカードを探してみてください。

車で旅行に行くときに便利なETCカードですが、発行している会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カードごとにどんな特徴や違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の有無でしょう。

年会費については大きく分けて3種類に分類され、1年間の利用していなくても年会費無料のタイプ、年に1回以上の利用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費が発生するタイプに分かれています。

同様に更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料なカードだった場合、多くのカードで更新費も有料になっていることが多いです。

1、2年ほど前からキャンピングカーを借りて旅行するのが人気なようです。

キャンピングカーを借りるということはキャンプ場まで高速道路を利用することも多いと思います。

その際に多くの方がETCカードを利用すると思いますがレンタカーでのETC利用自体は車載器に挿せば利用できますが旅行後にETC利用照会サービスで利用履歴を見ようと思ったときのために事前準備をしましょう。

利用照会サービスのHPでは本人確認を行うための事前登録として「ETCカード番号」、「ETC車載器の番号」などの情報が必要になります。

レンタカー利用時の車載器管理番号は各レンタカー会社への確認してください。

ETCカードの登録を自家用車などですでに行っている、もしくは1度登録したカードについては他の車両で利用するときの登録は不要になります。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレカはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので審査の厳しくなる社会人になる前に申し込みをしましょう。

ということなんですまた、審査が優遇される以外にも学生限定カードだとポイント還元率のアップやある年齢まで継続するとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済し続けることでカード会社が審査時に利用している個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレジットヒストリーを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

肝心なときに限ってトラブルが起きる方っていますよねというのもこの前ETCカードを使おうと思ったら財布の中から見つからなかったんです。

家に帰ってから改めて部屋の中を探しても見つからずどうやらどこかで落としてしまったようです。

トラブル時にどうしたらいいのか慣れていないので焦ってしまいました。

ネットでどうしたらいいか調べ、カード会社に連絡をしたところ紛失盗難デスクに電話をしたところスムーズに再発行の手続きを行ってもらえました。

再発行時に手数料が発生しますが手続きをしてから10日くらいで再発行された新しいカードが届きました。

このように紛失などの予期せぬトラブルに見舞われても焦らず行動をしましょう。

高速道路の料金所でストレスなく通行できることや料金割引が適用されるなど便利でお得なETCカードですがその普及率はどうなっているのでしょうか。

NEXCO東日本の利用率調査によると平成30年3月に高速道路を利用した中の約90%の車で使われていたそうです。

高速利用者のほとんどがETCを利用しているということです。

例えば東京湾アクアラインでは普通車のETC料金が800円ですが現金・クレカ支払いでは約3000円と大きく違います。

こういった話を聞くとETCを使っていないと損している気分になりますよね。

気になるカードの申し込み方法ですがすでにクレカをお持ちの方は追加で発行、持っていない方は新規でクレカ申し込みする際に同時にETCカードの申し込みができます。

休日に車で旅行をする際にみなさんは高速道路料金の支払い方法をどうされていますか?多くの人はETCカードを利用していると思います。

実際にNEXCO東日本の調べでは先月のETC利用率は約9割になっているそうです。

利用率が高さの要因を調べてみたところ一般レーンでの支払いに比べてスムーズに通過できることや料金割引が適用されて一般レーンよりお得という理由がありました。

一例として、木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインでは一般レーンの普通車料金が3090円なのに対してETC利用では800円と2000円以上違います。

また、親となるクレジットカードによってはガソリン給油時の割引などがついているカードもあります。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを作ろうと思って検索したところカードを発行する会社によってガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時の付帯ポイントが2倍になるなどの色々な特典がつくカードもあるようです。

一例として、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンスをした時にポイントが2倍になり貯まったポイントの利用もできるそうなのでよく通勤などで車を利用される方や高速道路を使う方はこのように給油時の特典がついたカードの利用がお得です。

どんな特典があるかカードごとに違うのでいろいろ調べてお得なカードを見つけてください。

買い物の支払いなどの場面で付与されるポイントですがクレカ会社が発行しているETCカードで高速を通行するだけでもポイントが加算されるのを知っていますか?例えば楽天カードで買い物をした時にはスーパーポイントが利用額に応じて付与されますがETC利用でも同様に付与されます。

付与率に関しては楽天カードのようにクレカとETCで同率で付与されるカードもありますが、多くのカードではETC使用時では付与率が減少していることが多いようです。

最近では少なくなっていますが、ポイント付与がないカードもあるようなので高速道路をよく利用する方はこういった特典から選ぶのもいいかもしれません。

ETCカードを持っていないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを持っていなく銀行のキャッシュカードしか手元にないという方は基本的にクレカを作る必要があります。

しかし普通のキャッシュカードと思っていたらクレジット機能がついているカードの場合はそのまま発行手続きができます。

なぜクレジット機能のついていないキャッシュカードでは作れないのかというとETCのゲートを通過するときにデータのやりとりを行いますが銀行口座から即時引き落とす方式になっていると偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

大学進学や新社会人になったのを機に車の免許を取って友達と遠出をしたいと思っている方もいると思います。

免許取り立ての方の多くがETCカードを持っていないと思います。

ネット上でも春くらいになるとどこで作れるの?といった質問も散見されます。

なのでETCカードの作り方について少し調べてみました。

まず最初にETCカードは購入するものではなく申し込みをして発行されるものになります。

ネクスコなど高速道路事業社が発行しているETCパーソナルカードと一般的にETCと呼ばれてイメージするクレジットカード会社発行のカードの2種類があります。

一般的に普及しているクレジットカード会社の発行するカードの2種類があります。

対応していなければ新しくETCも発行しているクレカを申し込みましょう。

参照:http://www.cessibonskennel.net/

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところあまり知られていない豆知識を見つけました。

それは、車載器がなくてもETCカードで支払い可能ということです。

車載器がない場合はETC専用レーンではなく一般レーンを使いスタッフにカードを手渡せば読み取ってくれるので通行可能になります。

スタッフに手渡しで利用する場合、ETCが作られた理由として人件費削減や渋滞の解消が目的という部分が手渡しでは無意味になってしまいます。

そのため通常の利用額に応じたポイントはついてもマイレージサービスのポイントは付かないことやお得なETC割引が使えないなどのデメリットがあります。

なので皆さんもETCを利用する時は損しないために車載器を付けましょう。

高速道路の料金を自動で引き落としてくれるETC無線通行ですがネットで調べ物をしていたらこんな質問がありました。

「ETCカードで給油時の支払いはできますか?」という質問です。

答えから言うと、基本的にはできません。

「基本的に」と書いた理由は、クレカ機能付きの一部カードを所持している場合は決済できるからです。

では、どこのカードがクレカ機能も付いているのでしょう。

検索してみたところ出光やコスモ石油などガソリンスタンドで申し込めるカードにクレカ一体型が多いようです。

クレカ一体型は一枚で買い物やETC利用が完結するので管理が楽ですが高速道路を走っている途中でSAなどでクレカ決済をしようとすると一度車載器から抜かなければ使えないという部分が少し面倒に感じる方もいます。

高速道路料金で割引を受けることができてお得なETCカードですが少し気になったことがあります。

それはバイク用のETCもあるのかということです。

答えを先に言うとバイク用のETC車載機もあります。

調べてみたところ、ハンドル周りに機会を設置することになる「一体式」とカードリーダー部分をシート下にしまえる「別体式車載器」の2種類があるようです。

一体式のメリットとしては、配線が1箇所で済むことや取り付けが比較的楽な面がありますが、誤作動を防ぐためにハンドル周りに設置することになり操作性が下がったり、駐車中に車載器を盗難されやすいなどのデメリットもあります。

別体式では見た目が小さくなり、シート下にしまえるため防犯性が高い反面、一体式に比べ価格が高いことや配線が2ヶ所に増えるデメリットがあります。

高速道路を利用する車の9割がETCカードを使っていると聞きます。

基本的にカードを発行するにはクレジットカードの申込みが必要です。

すでに何かしらのクレカを使っている方は追加で発行してもらうことも可能ですがクレカを持っている方の場合はサブクレカを作る時に一緒に発行するのもいいですね。

持っていない方やサブクレカを作ろうとしている方向けにポイント還元などの面からどのカード会社に申し込めばいいか調べてみました。

高速道路を利用する頻度が少ない・あまり車に乗らない方なら年会費無料のライフカードなどがいいでしょう。

高速道路を使わなくても楽天でよく買い物をされるという方ならETCの年会費はかかりますがポイント還元率がとても高くお得な楽天カードという選択肢もあります。

このようにポイント還元率やライフスタイルから自分に合ったカードを探してみてください。

就職や転勤などで大都市へ引っ越したことにより車に乗らなくなった。

そんな時に年会費や更新料がかかるETCカードを所持している方はカードの解約を考える方が多いと思います。

親となるクレカごと解約するパターンとETCカードのみ解約するパターンの2通りがあります。

手続きの方法に関しては電話、郵送、webなどカード発行会社によって異なります。

手続きが終わるまでに郵送の場合は1週間前後、電話のみで可能な場合は即日というように手続きが完了するまでの期間に差がありますので郵送したからといって即破棄するというのはやめましょう。

手続きが完全に終了したという通知がきたら、磁気テープ部分とICチップ部分をバラバラにするために真二つにハサミを入れ、外から見えない封筒に入れるなどした後に燃えるゴミとして処分してください。

ガソリンスタンドで給油するときに現金やクレジットカード払いなどの支払い方法が選べます。

最近ETCカードを申し込もうと思って調べていたところ作るカードの種類によってはガソリン給油時に最大8円/L値引きやクレジットカード利用時のポイント還元率が2倍になるなどのお得な特典がつくカードもあるようです。

例えば、楽天カードの場合、ENEOSで給油やメンテナンス時にポイントが2倍になり貯まったポイントでの支払いもできるそうなのでよく車を利用される方や高速道路で遠出する方は給油特典があるカードの利用がお得です。

このようにどんな特典があるかカードごとに違うので選ぶ際はいろいろ調べてみてください。

車で遠方に出かけるときに便利なETCカードですが、取扱会社が多くてどのカードを選べばいいか迷ってしまいます。

カード会社によってどんな違いがあるのでしょうか。

多くの人が気になるのが年会費や更新費用の部分でしょう。

年会費については大体3タイプに分かれており、年間の利用額を問わない年会費無料のタイプ、年に1回以上の使用で年会費無料になるなどの条件付きタイプ利用額や頻度に関係なく年会費がかかるタイプがあります。

更新費に関しても無料と有料のカードがあり、発行費が有料だった場合、多くの場合更新費も有料になっていることが多いです。

高速道路などを利用するときなどに割引があったり一般レーンと比べてスイスイ料金所を通過できてお得なETCカードですが高速道路を走行しない時のカード管理を皆さんはどうしていますか?ネットで検索してみたところ多くの人が同じ疑問を持っているようです。

24時間挿入したままという人の意見を見ると「高速にのってから挿し忘れるのに気づくのがいやだ」、「もし盗難されてもETC以外で悪用されないから気にしない」という意見がありました。

ただ挿しっぱなしの方の中には別のカードに変えようと思ったらカードの挿し替えをしたら起動時に認識エラーが発生するようになってしまったという方や車検で預ける時やレンタカーの返却時に挿したまま預けてしまったといううっかりも報告されていました。

できれば使うときだけ入れて使わない時は抜くのを習慣づけしましょう。

進学・就職を機に車の免許を最近取ったという方もいると思います。

夏休みに友達とキャンプなど遠出を考えているならぜひETCカードを利用しましょう。

ここではETCカードの作り方を解説します。

カードの作り方としては大きく分けて2種類があります。

クレカ会社で申し込み、発行しているクレカタイプとネクスコなどの高速道路会社が共同発行しているETCパーソナルカードというものです。

基本的にはクレカタイプで入手することをお勧めします。

その理由としてはクレカタイプの場合は新規申し込みと同時に申請できるので時間がかからず、すでにクレカを持っている方の場合は追加申し込みで簡単なのに対しパーソナルカードでは年会費と最低4万円の保証料が必要になります。

休日に車で遠出をする際にみなさんは高速道路の料金をどう支払っていますか?ETCカードを利用している方が大半ではないでしょうか。

実際にNEXCO東日本の調べでは平成30年3月の月間利用率は約90%になっているそうです。

なぜこんなにETCが普及しているのか調べてみたところ一般レーンでの支払いと違い小銭を準備しなくていいことや料金割引が適用されて一般レーンより安く済むという理由がありました。

木更津?川崎間を横断している東京湾アクアラインを例に挙げると普通車料金が現金で3090円なのに対してETC利用で支払うと料金が800円と2000円以上違います。

また、親となるクレカ会社次第ではガソリン給油割引がついているカードもあります。

自動車免許を取得して友達と車で旅行をする際に首都高などの高速道路を利用すると思います。

そんなときに利用すると便利なのがETCカードです。

たまに料金所の現金レーンで渋滞が起きているのを見かけます。

そんなときにETCレーンが利用できれば比較的スムーズに進めます。

ETCカードを作るにはクレジットカードを作る必要があり、現時点でクレカを持っている方は追加申し込みで発行されるので問題ないですが新しくクレカを発行するときには入会審査が必要になります。

また、各カード会社ごとに特徴や年会費の有無など違いがあるので自分にあったカードを探してみてください。

「大学生のうちにクレカを作っておこう」と言う話を聞くことがあります。

学生にクレジットカードはまだ早いんじゃない?と思う方もいると思いますが学生専用のクレカも用意されているので社会人になって審査が厳しくなる前に申し込みをしましょう。

また、早めにクレカを作るメリットとしてポイント還元率のアップやある年齢まで継続使用しているとゴールドカードへ自動ランクアップなどのメリットもあります。

その際、車をお持ちの方はETCカードの申し込みも同時に行っておきましょう。

ネットショッピングなどでクレカを利用・返済することで個人信用情報機関にクレジットヒストリーというものが記録されます。

若いうちからクレヒスを作ることで社会人になってから利用上限額などが上げやすくなります。

この前、インターネットで調べ物をしていたらこんなトリビアを見つけました。

それは、ETCカードを利用して現金レーンでも支払いができるということです。

料金所でカードを係員に直接渡すことで支払いができるようですが基本的にはETCの利用は無線通行が原則となっており無線通行しない場合は通行に関する情報が把握できないため距離料金が適用されません。

ETCレーンエラーで料金所入口が無線通行できない場合は、料金所の係員に処理してもらう際に「車載器を搭載している」ことを伝えてカードを渡して処理をしてもらってください。

出口料金所を利用する時に料金所がない入口を通行していた場合は料金算出の距離がどこからになるか不明になるのでその料金所から最も遠い料金所のない入口を起点に計算されるようです。

ETCカードを所持していないから作りたい!と思ったときに何が必要なのでしょうか。

それはクレカです。

もしクレカを所持していなく銀行のキャッシュカードしか持っていない場合はクレカを作る必要があります。

しかしキャッシュカードの中でもクレジット機能がついている場合はそのまま発行手続きができます。

なぜ銀行のキャッシュカードで作れないかというとETCのゲートを通過するときにデビット支払いのようにデビット支払いのように口座から即時引き落としにしてしまうと偶然口座にお金がない、違う口座にお金を移動してしまったという状況の時にETC出口で通過ができなくなってしまうからです。

皆さんは高速道路を走行する時にETCカードを使っていますか?もし持っているけど使っていないならすごくもったいないです。

なぜかというとETC利用で高速道路の料金割引が受けられるからです。

例えば、NEXCOが管理している地方部の道路利用料が30%オフになるんです。

他にも平日朝夕割引や深夜割引といったサービスも行っているようです。

また、運転したことのあるほとんどの方が経験したことがあると思う料金所一般レーン直前の渋滞を気にすることなく通過できます。

ここまで読んでETCってお得!カードを作らなきゃと思った方は現在お持ちのクレカ会社に追加で発行してもらうかサブとして新規でクレカと一緒に申し込みしましょう。