ニキビ予防に効果のある食材と成分は?

ニキビの予防には洗顔が効果があることはよく知られていますが、実は食生活もニキビの予防には大変関係が深いといわれています。
ニキビに悩まされる事も多いので、なるべくニキビができないようにしたいと思う方も多いですよね。
ニキビの予防に効果が高い栄養分にはビタミン類があります。
・ビタミンB2-ニキビの原因の皮脂を抑える効果があり、肌の抵抗力を保ってくれます。
・ビタミンB6-肌の生まれ変わりを助けてくれます。
・ビタミンC-コラーゲンの形成を助けてくれたり鉄分を吸収したりと肌にいいといわれる役割は様々です。
・ビタミンE-抗酸化作用があるので、ニキビの原因になる活性酸素を抑制してくれます。
といったビタミンだけでなく、ビタミンAやB5ともいわれるパントテン酸もニキビ予防に効果があります。
また他の栄養分は、コラーゲンや亜鉛などが良いとされています。
逆に炭水化物は、摂取しすぎると皮脂がでやすくなってしまうので注意が必要です。
これらを含む食材には、レバーや人参、納豆、鶏肉や魚、また緑黄色野菜などがあります。
基本的には、野菜を中心とした食事を心がける事と偏食をしない事がニキビの予防につながります。
あれを食べていない、これを食べていないと気をつかいすぎると肌に悪いストレスにもなりますので、なるべく心がけるといった程度にしておきましょう。
また便秘になると活性酸素を含む悪い要素が体にたまりますので、便秘を防ぐ意味でも食物繊維の多い野菜はよく食べるようにしましょう。
食事は基本的に脂分の少ない和食が勧められています。
なるべく間食を控え、規則正しい食生活を心がける事がニキビの予防につながります。